ホーム > 出版物のご案内 > 月刊誌『都市問題』バックナンバー検索
出版物のご案内
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
投稿論文の規定
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
出版物のご案内

月刊誌『都市問題』バックナンバー検索

 

月刊誌『都市問題』
第 101 巻 第 7 号 / 2010年07月号

特 集

特集1 : 興隆する東アジアとの向き合い方

特集2 : 住宅貧困をどうする

 

内 容

2010.07  第 101 巻  第 7 号

巻頭言 アテのない、散歩のように
執筆者 想田 和弘
ソウダ カズヒロ
役職 映像作家

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 歴史のなかに現代を見る―東アジアと日本
著者 加藤 祐三
カトウ ユウゾウ
役職 歴史学者、横浜市立大学名誉教授
特集名 興隆する東アジアとの向き合い方

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 その経済発展の実像と日本の歩むべき道
著者 渡辺 利夫
ワタナベ トシオ
役職 拓殖大学学長
特集名 興隆する東アジアとの向き合い方

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 「東アジア共同体」の展望
著者 天児 慧
アマコ サトシ
役職 早稲田大学国際学術院教授
特集名 興隆する東アジアとの向き合い方

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 東アジアにおける人の移動と「アジア的」共通経験
著者 伊豫谷 登士翁
イヨタニ トシオ
役職 一橋大学大学院社会学研究科教授
特集名 興隆する東アジアとの向き合い方

2010.07  第 101 巻  第 7 号

インタビュー なぜ、今、米国は火星を目指すのか
話・聞き手 村川 恭介
ムラカワ キョウスケ
役職 日本火星協会代表・宇宙建築家

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 絆の制度化―「第三の困窮」に向き合うパーソナルサポーターの実現へ
著者 奥田 知志
オクダ トモシ
役職 NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長・NPO法人ホームレス支援全国ネットワーク理事長
特集名 住宅貧困をどうする

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 居住保障とホームレス支援からみた生活保護施設
著者 水内 俊雄
ミズウチ トシオ
役職 大阪市立大学都市研究プラザ・大学院文学研究科教授
特集名 住宅貧困をどうする

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 宅老所が有料老人ホームの届出を選択しない理由
著者 池田 昌弘
イケダ マサヒロ
役職 NPO法人全国コミュニティライフサポートセンター理事長
特集名 住宅貧困をどうする

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 無料低額宿泊所の現実―行き場のない人を支える最後のセーフティネット
著者 小川 卓也
オガワ タクヤ
役職 NPO法人エスエスエス理事
特集名 住宅貧困をどうする

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 求められる無料低額宿泊所の規制―シェルター機能への特化を
著者 藤田 孝典
フジタ タカノリ
役職 NPO法人ほっとポット代表理事・社会福祉士
特集名 住宅貧困をどうする

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 高齢者住宅問題の本質は「届け」「無届け」より質の見極め
著者 高橋 誠一
タカハシ セイイチ
役職 東北福祉大学総合福祉学部教授
特集名 住宅貧困をどうする

2010.07  第 101 巻  第 7 号

論文 知的障害者施策と所得保障
著者 吉清 雅英
ヨシキヨ マサヒデ
役職 東京市政調査会研究員

2010.07  第 101 巻  第 7 号

書評 手塚洋輔著『戦後行政の構造とディレンマ―予防接種行政の変遷』
書評者 濱田 裕美子
ハマダ ユミコ
役職 東京市政調査会研究員

その他

新刊紹介 『グローバル・インバランス』/『韓国併合百年と「在日」』/『ホワイトハウス・フェロー』
蔵のなか 東京市政調査会大都市交通問題研究会編『首都交通対策に関する意見』田村靖広
文献情報 2010年7月
編集長コラム

特集1 : 興隆する東アジアとの向き合い方

先進国が同時不況から抜け出せないなか、中国、韓国をはじめ、アジアの国々は旺盛な活力を見せている。東アジアの中でいち早く経済大国となり、突出した存在であると自負してきた日本は、こうした現状をどのように理解し、受け止めていくべきか。さまざまな視点から検証する。

特集2 : 住宅貧困をどうする

2009年3月から4月にかけて、厚生労働省は無届け有料老人ホームの一斉調査を行い、7月には無料低額宿泊所等、社会福祉各法に法的位置づけのない施設の調査を行った。その後、「無料低額宿泊施設等のあり方に関する検討チーム」が設置され、施設に対する規制のあり方が検討された。
 無料低額宿泊施設をめぐるこうした状況の中、本特集では、施設実態や住宅福祉制度の問題点等を踏まえ、住宅の貧困を克服するための制度、規制のあり方を再考したい。