ホーム > 新着ニュース > 『都市問題』2月号を刊行しました
新着ニュース

2020年2月 3日

『都市問題』2月号を刊行しました

2月号の詳細とご購入はこちら


◇◇『都市問題』2月号 目次◇◇

一喝破風雲  水は低きにつく  久保純子

特集1 治水政策再考
 2019年10月台風19号水害から「自然観」を考える  大熊 孝
 耐越水堤防がなぜ必要か  石崎勝義
 流域から考える治水のあり方―川づくりとまちづくりが一体となった治水  瀧 健太郎
 台風第19号における治水施設の効果と今後の治水対策  山田 正
 東京の大水害と縮災  河田惠昭

特集2 いま、森と山を考える
 誰が、なぜ、森林を「管理」するのか  柿澤宏昭
 日本の森と人を変えたのは何か―森林政策の変遷がもたらしたもの  田中淳夫
 森林環境税をどう考えるか―森林環境税の理論と実態に関する試論  吉弘憲介
 森林で「業」を為す可能性  古川大輔
 「森林のプロ」をどう育て、どう活かすか  石崎涼子

2019年度東アジア国際シンポジウム
 開催報告  棚橋 匡
 ロードプライシングによる交通管理の課題と展望―東京都の取り組みを中心に  和田武士