ホーム > 新着ニュース > 第46回藤田賞の受賞作が決定されました
新着ニュース

2020年10月20日

第46回藤田賞の受賞作が決定されました

藤田賞は、地方財政学の権威、故藤田武夫立教大学名誉教授(元本財団研究員)、故佐藤進東京大学教授(元本賞選考委員)から本財団に寄贈された基金により、地方自治、地方財政および都市問題に関する研究を奨励するため、1974(昭和49)年に設けられました。毎年、前年度中に刊行・発表された著書・論文を、選考委員会が審査し、原則として、著書1点、論文3点以内を授賞します。

<選考委員>委員長 神野直彦(東京大学名誉教授)
      委 員 池上岳彦(立教大学教授)
      委 員 大西 隆(東京大学名誉教授)
      委 員 中北浩爾(一橋大学教授)
      委 員 山口二郎(法政大学教授)

第46回は、2019年4月1日から2020年3月31日までの間に公刊された著書・論文を対象に選考委員会による審査が行われ、その結果、以下のとおり受賞作が決定されました。

<受賞作>
著書の部
『コモンズとしての都市祭礼―長浜曳山祭の都市社会学』        
新曜社・2019.4
武田 俊輔(法政大学社会学部教授)

また、2020年10月19日(月)、本財団において授賞式を執り行いました。

受賞作詳細はこちらをご覧ください。