ホーム > 出版物のご案内 > 月刊誌『都市問題』最新号のご紹介
出版物のご案内
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
投稿論文の規定
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
出版物のご案内

月刊誌『都市問題』とは

本財団の機関誌『都市問題』(創刊1925年・月刊)は、地方自治や広く都市にかかわる問題を特集して、社会に問題を提起し、議論の場を提供しています。タイムリーなテーマを扱う特集1と、じっくりと問題を掘り下げる特集2を中心とする構成で、学問とジャーナリズムが共存する稀有な月刊誌として、専門家から高い評価を得ています。

毎月1日発行
定価 1部:771円(本体価格714円)
雑誌コード:06677 B5判

月刊誌『都市問題』最新号のご紹介

月刊誌『都市問題』
第 106 巻 第 03 号 / 2015年03月号

月刊都市問題 2015年03月号 表紙

最新号

特集 : 原発事故は終わらない

 

内 容

2015.03  第 106 巻  第 03 号

巻頭言 置き去りの都市問題と福島の今
執筆者 武藤 類子
ムトウ ルイコ
役職 福島原発告訴団団長

2015.03  第 106 巻  第 03 号

インタビュー 原発事故被害と福島県の役割
話・聞き手 内堀 雅雄
ウチボリ マサオ
役職 福島県知事
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

インタビュー 原子力災害医療の福島を次世代に引き継ぐ
話・聞き手 菊地 臣一
キクチ シンイチ
役職 福島県立医科大学理事長兼学長
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

インタビュー 生活支援相談員から聴く原発避難者の現状
話・聞き手 香山 雪彦
カヤマ ユキヒコ
役職 精神科医、福島学院大学教授
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

インタビュー なぜ、函館市は大間原発建設差止め訴訟を起こしたのか
話・聞き手 工藤 壽樹
クドウ トシキ
役職 函館市長
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

インタビュー 信用金庫の原点に立てば脱原発しかない
話・聞き手 吉原 毅
ヨシワラ ツヨシ
役職 城南信用金庫理事長
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

論文 経済成長至上主義からの転換なくして、福島の再興なし
著者 新藤 宗幸
シンドウ ムネユキ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所理事長
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

論文 原発と地域民主主義――川内原発再稼働問題と自治体
著者 平井 一臣
ヒライ カズオミ
役職 鹿児島大学法文学部教授
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

論文 大震災後の原発ムラ――原発再稼働で息吹き返す
著者 北沢 栄
キタザワ サカエ
役職 ジャーナリスト
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

論文 原発廃炉への道筋
著者 小出 裕章
コイデ ヒロアキ
役職 京都大学原子炉実験所助教
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

論文 地震列島における原発の新規制基準と再稼働問題
著者 石橋 克彦
イシバシ カツヒコ
役職 神戸大学名誉教授(地震学)
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

論文 イチエフの労働者――労働災害多発の背景にあるもの
著者 布施 祐仁
フセ ユウジン
役職 ジャーナリスト
特集名 原発事故は終わらない

2015.03  第 106 巻  第 03 号

論文 自主共同調査 田老村における防浪堤建設――昭和三陸津波からの復興における県・町村の関係
著者 田中 暁子
タナカ アキコ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所研究員

2015.03  第 106 巻  第 03 号

書評 新藤浩伸著『公会堂と民衆の近代――歴史が演出された舞台空間』
書評者 寺杣 祐以
テラソマ ユウイ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所研究員

2015.03  第 106 巻  第 03 号

蔵のなか 日本経済研究所編『東北の振興と電気事業』
氏名 井上 学
イノウエ マナブ
役職 市政専門図書館司書

その他

新刊紹介『小説・特定秘密保護法 追われる男』/『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』/『老人喰い』
編集長コラム

特集 : 原発事故は終わらない

福島第一原発事故から4年。廃炉に向けた事故の収束作業は依然予断を許さず、多くの人がふるさとを奪われたままだ。一方、原発の再稼働に向けた動きが着々と進んでいる―。われわれは、原発とどう対峙していくべきなのだろうか。