ホーム > 出版物のご案内 > 月刊誌『都市問題』バックナンバー検索
出版物のご案内
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
投稿論文の規定
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
出版物のご案内

月刊誌『都市問題』バックナンバー検索

 

月刊誌『都市問題』
第 109 巻 第 8 号 / 2018年08月号

特 集

特集1 : 第47回「都市問題」公開講座 地域をゆたかにする文化の力

特集2 : 動物と向き合う自治体

 

内 容

2018.08  第 109 巻  第 8 号

巻頭言 【千代田モデル】から都市の猫問題を考える
執筆者 香取 章子
カトリ アキコ
役職 作家、ジャーナリスト、編集者、一般財団法人ちよだニャンとなる会代表理事

2018.08  第 109 巻  第 8 号

基調講演 地域をゆたかにする文化の力
氏名 佐藤 一子
サトウ カツコ
役職 東京大学名誉教授
特集名 第47回「都市問題」公開講座 地域をゆたかにする文化の力

2018.08  第 109 巻  第 8 号

パネルディスカッション 地域をゆたかにする文化の力
氏名 小岩 秀太郎
コイワ シュウタロウ
役職 (公社)全日本郷土芸能協会理事・事務局次長
特集名 第47回「都市問題」公開講座 地域をゆたかにする文化の力

2018.08  第 109 巻  第 8 号

パネルディスカッション 地域をゆたかにする文化の力
氏名 平田 大一
ヒラタ ダイイチ
役職 沖縄文化芸術振興アドバイザー/演出家
特集名 第47回「都市問題」公開講座 地域をゆたかにする文化の力

2018.08  第 109 巻  第 8 号

パネルディスカッション 地域をゆたかにする文化の力
氏名 渡辺 靖
ワタナベ ヤスシ
役職 慶應義塾大学SFC教授
特集名 第47回「都市問題」公開講座 地域をゆたかにする文化の力

2018.08  第 109 巻  第 8 号

パネルディスカッション 地域をゆたかにする文化の力
氏名 小島 多恵子
コジマ タエコ
役職 サントリー文化財団上席研究員
特集名 第47回「都市問題」公開講座 地域をゆたかにする文化の力

2018.08  第 109 巻  第 8 号

論文 地方自治体の動物行政とその実施体制
著者 打越 綾子
ウチコシ アヤコ
役職 成城大学法学部教授
特集名 動物と向き合う自治体

2018.08  第 109 巻  第 8 号

論文 なぜ地方政府は動物園・水族館を運営するのか
著者 佐渡友 陽一
サドトモ ヨウイチ
役職 帝京科学大学講師
特集名 動物と向き合う自治体

2018.08  第 109 巻  第 8 号

論文 愛玩動物がもたらす地域社会の軋轢
著者 吉田 眞澄
ヨシダ マスミ
役職 ペット法学会、弁護士
特集名 動物と向き合う自治体

2018.08  第 109 巻  第 8 号

論文 「有害鳥獣」と地域社会――よくある誤解・思い込みをひとつずつ解きながら
著者 鈴木 正嗣
スズキ マサツグ
役職 岐阜大学応用生物科学部教授
特集名 動物と向き合う自治体

2018.08  第 109 巻  第 8 号

論文 地方政府は家畜伝染病にどう対処するか――2010年宮崎県口蹄疫災害からの教訓 
著者 橋田 和実
ハシダ カズミ
役職 前宮崎県西都市長
特集名 動物と向き合う自治体

2018.08  第 109 巻  第 8 号

研究報告論文 2017年度調査研究・中間報告 埼玉県戸田市・千葉県印西市における「自治」の諸相(2)――行政組織・政治
氏名 棚橋 匡  
タナハシ マサシ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所主任研究員

2018.08  第 109 巻  第 8 号

書評 堀川三郎著『町並み保存運動の論理と帰結』
書評者 田中 暁子
タナカ アキコ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所主任研究員

その他

新刊紹介 『多様な市民とつくる合意』/『ごみ収集という仕事』/『古生物学者、妖怪を掘る』

特集1 : 第47回「都市問題」公開講座 地域をゆたかにする文化の力

祭り、民俗芸能、工芸・芸術などの地域文化は、その地域の「貌」を作り上げる。それは地域の個性を生み出すとともに、そこに住まい、時にその担い手となる人々の活力と地域への愛着を醸成する。人口減少や少子高齢化、経済活動の低迷など地域がさまざまな課題に直面するなかにあって、地域文化の継承・創造によってどのように地域を変えてゆくことができるか。その道筋を考える。

特集2 : 動物と向き合う自治体


動物がかわいくてたまらない人もいれば、
半径1m以内に近づいてほしくない人もいる。
動物は野生であるべきだと主張する人もいれば、
動物園の猛獣を眺めてはるかな大地に思いをはせることが好きな人もいる。
動物とはなんのゆかりもなく生きているつもりの人が、
焼き肉好きだったりもする。
個人の嗜好は自由だが、
その個人同士が、隣人として暮らしているのが地域社会である。
われわれが意識している以上に、
地方自治体が関与する動物関連業務は多い。
多岐にわたる動物行政を概観することで、人と動物との関わり方を改めて見直したい。