ホーム > 出版物のご案内 > 月刊誌『都市問題』バックナンバー検索
出版物のご案内
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
出版物のご案内

月刊誌『都市問題』バックナンバー検索

 

月刊誌『都市問題』
第 104 巻 第 3 号 / 2013年03月号

特 集

特集 : 大震災・原発事故から2年

 

内 容

2013.03  第 104 巻  第 3 号

巻頭言 私たちは何を知っているのか
執筆者 小野 智美
オノ トモミ
役職 朝日新聞記者

2013.03  第 104 巻  第 3 号

インタビュー 住まいの再建最優先、エネルギー産出都市を目指す
話・聞き手 山本 正徳
ヤマモト マサノリ
役職 宮古市長
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

インタビュー 来年3月から順次、避難指示解除で国と合意 
話・聞き手 菅野 典雄
カンノ ノリオ
役職 福島県飯舘村村長
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

インタビュー 三陸かき養殖業の復興――とにかく資材が足りない
話・聞き手 齋藤浩昭
サイトウ ヒロアキ
役職 (株)アイリンク代表取締役
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

インタビュー あっという間の2年、自分でやらねばという思いばかりが――
話・聞き手 特別養護老人ホーム「高寿園」 柴田 宏一 菅原 由紀枝 嶋村 孝行
トクベツヨウゴロウジンホーム コウジュエン シバタ コウイチ スガワラ ユキエ シマムラ タカユキ
役職 園長 主任管理栄養士 主任相談員
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 応急仮設住宅・みなし仮設住宅とその後
著者 塩崎 賢明
シオザキ ヨシミツ
役職 立命館大学政策科学部教授
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 復興予算をめぐる論点と今後の課題
著者 高端 正幸 
タカハシ マサユキ
役職 新潟県立大学国際地域学部准教授
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 学校の再建――地域社会の求心力として
著者 葉養 正明
ハヨウ マサキ
役職 国立教育政策研究所 教育政策・評価研究部長
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 東北被災地の地域紙は、いま
著者 長沼 節夫
ナガヌマ セツオ
役職 ジャーナリスト、日本地域紙図書館
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 復興まちづくりの現状と課題――宮古市・大船渡市
著者 田中 暁子
タナカ アキコ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所研究員
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 復興の過程で何が起きているのか――神戸市長田区と気仙沼を歩いて
著者 斎藤 貴男
サイトウ タカオ
役職 ジャーナリスト
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 原発禍のまちから――住民たちの声に耳を傾けて
著者 岡 邦行
オカ クニユキ
役職 ルポライター
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 何をもって「復興」というのか
著者 新藤 宗幸
シンドウ ムネユキ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所研究担当常務理事
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

論文 津波被害からの復興、放射能災害克服への長い道
著者 北村 龍行
キタムラ リュウコウ
役職 「都市問題」編集室
特集名 大震災・原発事故から2年

2013.03  第 104 巻  第 3 号

書評 石塚健司著『四〇〇万企業が哭いている』
書評者 棚橋 匡
タナハシ マサシ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所主任研究員

2013.03  第 104 巻  第 3 号

蔵のなか 黒田鵬心著『都市美と建築』
氏名 井上 学
イノウエ マナブ
役職 市政専門図書館司書

その他

新刊紹介
『災害復興の日本史』/『カフェが街をつくる』/『外国人実習生』
文献情報2013年3月
編集長コラム

特集 : 大震災・原発事故から2年

東日本大震災、福島第一原発事故から2年が経つ。この2年は被災地・被曝地にとって、いったいどのようなものだったのか。復興に向けて進んだこと、進まなかったことはなにか。そして、これから復興に向けてどのように歩んでいくべきなのか――。