ホーム > 出版物のご案内 > 月刊誌『都市問題』バックナンバー検索
出版物のご案内
おすすめの本
ご注文について
月刊誌『都市問題』
バックナンバー
定期購読のお申し込み
「都市問題」公開講座ブックレット
都市調査報告
都市問題研究叢書
単発刊行物
後藤新平生誕150周年記念関連
創立記念出版物
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
お買い物かごを見る
出版物のご案内

月刊誌『都市問題』バックナンバー検索

 

月刊誌『都市問題』
第 111 巻 第 6 号 / 2020年06月号

特 集

特集1 : 新たな「避難所」問題

特集2 : 大都市における「区」

 

内 容

2020.06  第 111 巻  第 6 号

巻頭言 “溜め”の違いに目を向ける
執筆者 上西 充子
ウエニシ ミツコ
役職 法政大学教授

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 「避難所」のあり方をめぐる諸問題
著者 室崎 益輝
ムロサキ ヨシテル
役職 兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長
特集名 新たな「避難所」問題

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 避難所の運営・利用の実際――多様なニーズと生活再建支援を念頭に
著者 石川 永子
イシカワ エイコ
役職 横浜市立大学国際教養学部准教授
特集名 新たな「避難所」問題

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 避難所の生活環境・衛生管理
著者 高田 洋介
タカダ ヨウスケ
役職 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 災害医療マネジメント学講座 助教
特集名 新たな「避難所」問題

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 ジェンダーの視点からみた避難所の課題
著者 斉藤 容子
サイトウ ヨウコ
役職 関西学院大学災害復興制度研究所主任研究員・准教授
特集名 新たな「避難所」問題

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 福祉避難所の果たす役割
著者 北村 弥生
キタムラ ヤヨイ
役職 防災研究者
特集名 新たな「避難所」問題

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 地域で取り組む避難機能付き共同住宅「サツキPROJECT」――平成30年7月豪雨災害の教訓を次世代に伝えるために
著者 磯打 千雅子
イソウチ チカコ
役職 香川大学 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構(IECMS)准教授
特集名 新たな「避難所」問題

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 大都市における区の位置づけ――行政区、特別区、総合区
著者 岩崎 恭典
イワサキ ヤスノリ
役職 四日市大学学長
特集名 大都市における「区」

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 自治権「回復」と事務権限「拡張」をめぐる特別区の歩み
著者 大杉 覚
オオスギ サトル
役職 東京都立大学法学部教授
特集名 大都市における「区」

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 政令指定都市における区役所の組織と権限――収斂の終焉?
著者 伊藤 正次
イトウ マサツグ
役職 東京都立大学大学院法学政治学研究科教授
特集名 大都市における「区」

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 大都市における「区」の区域再編――住民自治の単位としての「区」
著者 野口 暢子
ノグチ ノブコ
役職 長野県立大学グローバルマネジメント学部講師
特集名 大都市における「区」

2020.06  第 111 巻  第 6 号

論文 指定都市の「区政」と「区の自治」を考える――民主的統制からの展望
著者 谷本 有美子
タニモト ユミコ
役職 法政大学社会学部准教授
特集名 大都市における「区」

2020.06  第 111 巻  第 6 号

書評 林万平著『災害復興の経済分析――持続的な地域開発と社会的脆弱性』
書評者 倉地 真太郎
クラチ シンタロウ
役職 明治大学専任講師/後藤・安田記念東京都市研究所 元研究員

その他

新刊紹介 『ルポ 老人受刑者』/『ホリスティック地域学』/『「第三者委員会」の欺瞞』

特集1 : 新たな「避難所」問題

災害発生時、被災者を受け入れ、生活の場となる「避難所」。そのあり方や生活環境をめぐっては改善の努力が重ねられてきてはいるものの、いまだ課題は多い。また、多様なニーズへのより細やかな対応を求める声も高まってきている。
避難所はどう変わってきたのか、その歴史を踏まえるとともに、近年の災害における様相を捉え、今後のあるべきかたちを探りたい。

特集2 : 大都市における「区」

大都市には、特別区と政令指定都市の区という2種類の「区」が存在する。「特別区」が自治体である一方、「政令指定都市の区」はあくまで行政区であり、近年、特に人口の多い政令指定都市では区を単位とする住民自治の強化や都市内分権が大きな課題となっている。第30次地方制度調査会の答申を受け、2016年には総合区制度が創設されたが、未だ導入例はない。しかし、「政令指定都市の区」に対する法律の考え方は変化してきているといえよう。
 「区」をめぐる制度史と近年の変化を踏まえつつ、「特別区」および「政令指定都市の区」の現状と課題について、その関係に注意しながら考察する。