ホーム > 研究活動について > 全国都市問題会議
研究活動について
調査研究活動の紹介
自主共同調査
受託調査
個別研究
研究員とその活動
都市問題公開講座
シンポジウム
全国都市問題会議
藤田賞
研究員の公募
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
全国都市問題会議

 市長、特別区長、議員をはじめ、自治体関係者と学者、研究者が一堂に会し、理論と実際の両面から、都市問題、地方自治について討議する場です。
 会議の歴史は古く、1927(昭和2)年に大阪市で開催されたのがはじまりです。第3回以降は長らく本財団が事務局を担当し、1952(昭和27)年以降は、全国市長会と本財団の共催、今日では開催市、全国市長会、日本都市センター、本財団の4者共催となっています。

第84回 2022年10月13日・14日
開催市:長崎市
開催テーマ:個性を活かして『選ばれる』まちづくり~何度も訪れたい場所になるために~
基調講演:髙田旭人氏((株)ジャパネットホールディングス代表取締役社長兼CEO)
主報告:田上富久氏(長崎市長)
一般報告:田中輝美氏(島根県立大学地域政策学部准教授)
     佐藤孝弘氏(山形市長)
     髙尾忠志氏(一般社団法人地域力創造デザインセンター代表理事)
パネルディスカッション:
     大杉覚氏(東京都立大学法学部教授)(コーディネーター)
     野口智子氏(ゆとり研究所所長、NPOスローライフ・ジャパン副理事長)
     田中敦氏(山梨大学生命環境学部地域社会システム学科教授)
     桐野耕一氏(NPO法人長崎コンプラドール理事長)
     都竹淳也(飛騨市長)
     藤原保幸(伊丹市長)
※会議の内容は全国市長会館「市政」2022年12月号をご覧ください
第83回 2021年10月7日・8日
開催市:姫路市
開催テーマ:命とくらしを守り育む都市政策~コロナ禍を契機として~
※新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となりました。
第82回 2020年10月8日・9日
開催市:八戸市
開催テーマ:元気、賑わい、潤いのまちづくり~新たな視点に立った都市の活力創出~
※新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となりました。
第81回 2019年11月7日・8日
開催市:霧島市
開催テーマ:防災とコミュニティ
第80回 2018年10月11日・12日
開催市:長岡市
開催テーマ:市民協働による公共の拠点づくり
第79回 2017年11月9日・10日
開催市:那覇市
開催テーマ:ひとがつなぐ都市の魅力と地域の創生戦略―新しい風をつかむまちづくり―
第78回 2016年10月6日・7日
開催市:岡山市
開催テーマ:人が集いめぐるまちづくり―国内外にひらかれた都市の活力創出戦略―
第77回 2015年10月8日・9日
開催市:長野市
開催テーマ:都市の魅力づくりと交流・定住―人口減少社会に立ち向かう 連携の地域活性化戦略―
第76回 2014年10月9日・10日
開催市:高知市
開催テーマ:都市と新たなコミュニティ―地域・住民の多様性を活かしたまちづくり―
第75回 2013年10月10日・11日
開催市:大分市
開催テーマ:都市の健康~人・まち・社会の健康づくり~
第74回 2012年10月11日・12日
開催市:盛岡市
開催テーマ:都市の連携と新しい公共~東日本大震災で見えた『絆』の可能性~
第73回 2011年10月6日・7日
開催市:鹿児島市
開催テーマ:都市の魅力と交流戦略 ~地域資源×公共交通=地域活性化~
第72回 2010年10月7日・8日
開催市:神戸市
開催テーマ:都市の危機管理~協働・参画と総合対策~
第71回 2009年10月8日・9日
開催市:熊本市
開催テーマ:人口減少社会の都市経営~人・まち・環境 持続可能な社会への転換に向けて~
第70回 2008年10月23日・24日
開催市:新潟市
開催テーマ:新しい都市の新興戦略 ―地域資源の活用とグローバル化―
第69回 2007年10月11日・12日
開催市:静岡市
開催テーマ:分権時代の都市とひと -地域力・市民力-
第68回 2006年7月20日・21日
開催市:札幌市
開催テーマ:都市の連携と交流 -まちのちからの活用-
第67回 2005年10月6日・7日
開催市:高松市
開催テーマ:個性かがやく都市の再生