ホーム > 調査研究 > 藤田賞
調査研究
調査研究活動の紹介
自主共同調査
受託調査
個別研究
研究員とその活動
都市問題公開講座
シンポジウム
全国都市問題会議
藤田賞
研究員の公募
図書・雑誌論文検索(OPAC)
デジタルアーカイブス
東日本大震災の情報
藤田賞

 藤田賞は、地方財政学の権威、故藤田武夫立教大学名誉教授(元本財団研究員)、故佐藤進東京大学教授(元本賞選考委員)から本財団に寄贈された基金により、地方自治、地方財政および都市問題に関する研究を奨励するため、1974(昭和49)年に設けられました。毎年、前年度中に刊行・発表された著書・論文を、選考委員会が審査し、原則として、著書1点、論文3点以内を授賞します。藤田賞は、2006(平成18)年度から東京新聞の後援もいただいており、この領域における研究の向上に少なからぬ役割を果たしています。

第48回 藤田賞授賞候補の募集について【募集終了】

第48回藤田賞授賞候補の募集は、4月30日をもって終了いたしました。

第48回藤田賞の授賞候補として、2021年4月1日~2022年3月31日に公刊された優れた著書・論文について、みなさまの推薦(自薦を含む)をお願いします。ご推薦いただいた著書・論文は、選考委員会における審査の対象とさせていただきます。

・とくに新人の優れた著書・論文を歓迎します。
・刊行時に著者の年齢が50歳以上であるものは原則として対象外となります (ご推薦に際しては著者の生年月日を記載してくださるようお願いします)。
・対象となる著書・論文は、日本語で執筆されたものとします。
・ご推薦に際しては、当該著書・論文が「地方自治」「地方財政」「都市問題」のいずれの分野のものであるかを付記してください。
・なお、当該著書・論文(コピーも可)をご恵送いただければ幸いです。

<授賞対象> 著書:1点 賞金50万円 他に副賞
論文:3点以内 賞金各10万円 同上
(他に奨励賞などを付加することもある)
<締切日> 2022年4月30日(必着)
<選考委員> 委員長 神野直彦(東京大学名誉教授)
委 員 池上岳彦(立教大学教授)
委 員 大西 隆(東京大学名誉教授)
委 員 中北浩爾(一橋大学教授)
委 員 山口二郎(法政大学教授)
<送付先> 〒100-0012東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館
公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所 藤田賞担当まで

最新の受賞者および著書・論文

第47回/2021(令和3)年度

著書

『交差する辺野古—問いなおされる自治』
勁草書房・2021.2
熊本 博之(明星大学人文学部人間社会学科教授)

 

 

論文

「中央−地方関係における出先機関の行動様式—運輸省港湾建設局に着目して」
『年報政治学2020-I』・2020.6
山田 健(獨協大学法学部法律学科・地域総合研究所特任助手) 【要旨・著者略歴】

 

過去の受賞者および著書・論文